ブッフォンがゴールデンフット受賞 イタリア人選手では4人目の快挙

ブッフォンがゴールデンフット受賞 イタリア人選手では4人目の快挙

ゴールデンフット賞を受賞したユヴェントスに所属するGKブッフォン [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが11日、『ゴールデンフット』賞を受賞した。

 同賞は29歳以上の現役選手に与えられ、インターネット投票と『ゴールデンフット』のメディアパートナーである代表者によって、ノミネートされた10人の選手の中から選出される。また、受賞者はモナコの海岸通りにある『チャンピオンズ・プロムナード』に足型が埋められることになる。

 ブッフォンはイタリア人選手として、2003年のロベルト・バッジョ氏(当時ブレシア所属)、2007年のアレッサンドロ・デル・ピエロ(ユヴェントス)、2010年のフランチェスコ・トッティ(ローマ)に続く、4人目の受賞。GKとしては初の受賞選手となった。昨シーズンはセリエAで974分間連続無失点記録を樹立するなど、38歳となった今も世界中を魅了するプレーを見せ続けている。

 なお、過去には元ブラジル代表MFロナウジーニョ(ミラン)や、現在マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)も同賞を獲得。昨年は、元カメルーン代表FWサミュエル・エトオ(アンタルヤスポル)が受賞した。

 歴代受賞者は以下のとおり。
(カッコ内は受賞時の在籍チーム)

2016 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
2015 サミュエル・エトオ(アンタルヤスポル)
2014 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
2013 ディディエ・ドログバ(ガラタサライ)
2012 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
2011 ライアン・ギグス(マンチェスター・U)
2010 フランチェスコ・トッティ(ローマ)
2009 ロナウジーニョ(ミラン)
2008 ロベルト・カルロス(フェネルバフチェ)
2007 アレッサンドロ・デル・ピエロ(ユヴェントス)
2006 ロナウド(レアル・マドリード)
2005 アンドリー・シェフチェンコ(ミラン)
2004 パヴェル・ネドヴェド(ユヴェントス)
2003 ロベルト・バッジョ(ブレシア)

関連記事(外部サイト)