G大阪MF井手口、ルヴァン杯のニューヒーロー賞に輝く「決勝でも存在感を」

G大阪MF井手口、ルヴァン杯のニューヒーロー賞に輝く「決勝でも存在感を」

横浜FMとの準決勝に出場したMF井手口 [写真]=Getty Images

 Jリーグは12日、2016JリーグYBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」はガンバ大阪のMF井手口陽介に決定したことを発表した。

 ニューヒーロー賞は、ルヴァンカップ各試合において著しい活躍があった23歳以下(大会開幕時)の選手を対象に、予選リーグから準決勝までの各試合会場において実施する報道関係者の投票をもとに決定される。昨年は鹿島アントラーズのFW赤崎秀平が受賞した。井手口はルヴァンカップの決勝トーナメント全4試合に出場し、チームの主力として存在感を発揮したことが受賞の選定理由となった。井手口には賞金50万円、クリスタルオーナメント、ヤマザキビスケット製品1年分が贈呈される。

 同賞選出の経緯について、「ノックアウトステージ以降の全4試合に出場し、決勝進出チームの主力として存在感を発揮。メディア投票1位での選出となった。準決勝第2戦では遠藤保仁選手のゴールの起点となるボール奪取で決勝進出に貢献。井手口選手がボランチとして固定されていることで、遠藤選手が前線でプレーできるなどチーム編成にも大きく貢献している。今夏のリオデジャネイロオリンピックで大舞台を経験。また、日頃今野選手などFIFAワールドカップ等でも活躍した偉大な先輩選手たちとともにプレーすることで、シーズン序盤から著しく成長していると感じられる」と、詳しい理由を説明した。

 また、井手口本人は「まさか自分がニューヒーロー賞を獲得できると思っていなかったので、素直にうれしいです。過去に受賞した偉大な先輩方の中に自分の名前が入るという実感がまだ湧きませんが、これに満足せずこれからも成長した姿を見せていきたいです。チームはノックアウトステージからの出場でしたが、負けたら終わりという状況のなかでキャプテンの遠藤選手をはじめとするチームメイトが安定感をもたらしてくれるので、緊張せずに試合に臨める環境を作ってくれています。決勝でも存在感を出しつつ、楽しみながら試合に臨みたいと思います」と、受賞の喜びと決勝への意気込みを語った。G大阪では2007年の安田理大、2014年の宇佐美貴史に続き3人目の受賞者となった。

 ルヴァンカップ決勝は15日に埼玉スタジアム2002で開催され、G大阪と浦和レッズが対戦。G大阪は2年ぶり3度目、浦和は13年ぶり2回目の大会制覇を狙う。

 歴代の受賞者は下記のとおり。

2016 井手口陽介(ガンバ大阪)
2015 赤崎秀平(鹿島アントラーズ)
2014 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
2013 齋藤学(横浜F・マリノス)
2012 石毛秀樹(清水エスパルス)
2011 原口元気(浦和レッズ)
2010 高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)
2009 米本拓司(FC東京)
2008 金崎夢生(大分トリニータ)
2007 安田理大(ガンバ大阪)
2006 谷口博之(川崎フロンターレ)
2005 阿部勇樹(ジェフユナイテッド千葉)
2004 長谷部誠(浦和レッズ)
2003 田中達也(浦和レッズ)
2002 坪井慶介(浦和レッズ)
2001 曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)
2000 鈴木隆行(鹿島アントラーズ)
1999 佐藤由紀彦(FC東京)
1998 高原直泰(ジュビロ磐田)
1997 三浦淳宏(横浜フリューゲルス)
1996 名波浩(ジュビロ磐田)/斉藤俊秀(清水エスパルス)
※カッコ内は受賞時、在籍チーム

関連記事(外部サイト)