鈴木大輔がフル出場のヒムナスティック、PK戦でラージョ撃破/国王杯3回戦

鈴木大輔がフル出場のヒムナスティック、PK戦でラージョ撃破/国王杯3回戦

フル出場を果たし、PK戦ではキックを決めた鈴木大輔 [写真]=ムツ カワモリ

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)3回戦の11試合が11日と12日に各地で行われた。

 DF鈴木大輔が所属するヒムナスティック(2部)は敵地でラージョ・バジェカーノ(2部)と対戦。1−1のまま延長戦を終えても決着がつかず、PK戦に突入した。両チームともに2人が失敗する中、鈴木は6人目のキッカーを務めて成功。ヒムナスティックが5−4で制し、4回戦進出を決めた。

 今大会は83クラブが参加している。4回戦からはリーガ・エスパニョーラ(1部)所属クラブも登場。準決勝まではホーム・アンド・アウェー方式で試合が行われ、来年5月28日に行われる決勝を目指す戦いが続く。

 コパ・デル・レイ3回戦の結果は以下のとおり。

エルチェ(2部) 0−1 アルコルコン(2部)

トゥデラノ(3部) 0−0(PK:3−4) フォルメンテラ(4部)

マジョルカ(2部) 1−2 ムルシア(2部)

シルボネロ(4部) 1−2 ギフエロ(3部)

ラージョ・バジェカーノ(2部) 1−1(PK:4−5) ヒムナスティック(2部)

ラシン・サンタンデール(3部) 2−0 アモレビエタ(3部)

レオネサ(3部) 2−1 アルバセテ(3部)

エルクレス(3部) 2−1 コルネリャ(3部)

トレド(3部) 4−1 カウダル・デポルティボ(3部)

カディス(2部) 1−2 コルドバ(2部)

バリャドリード(2部) 3−1 テネリフェ(2部)

関連記事(外部サイト)