チェルシー、ナイキとのサプライヤー契約を発表 来シーズンより供給開始

チェルシー、ナイキとのサプライヤー契約を発表 来シーズンより供給開始

ナイキとのパートナーシップを発表したチェルシー [写真]=Getty Images

 チェルシーは13日、ナイキとパートナーシップ契約を締結したことを公式HP上で発表した。

 ナイキは、ユニフォームのサプライヤーとしてチェルシーと2017−18シーズンからの6年契約を結んだ。来シーズンよりトップチームや女子チーム、アカデミーに供給が開始されるという。クラブ史上最大の商業的契約となることも合わせて発表されており、期間については「長期契約」と記載されている。

 なお、同日付のイギリス紙『ロンドン・イヴニング・スタンダード』によれば、ナイキとチェルシーのパートナーシップは年間6000万ポンド(約76億円)という高額の契約になっているようだ。

 チェルシーは2006年よりユニフォームの供給を受けているアディダスとの契約が2023年まで残っていたが、今年5月に16−17シーズン限りでの契約解消が発表されていた。

関連記事(外部サイト)