教え子バロテッリの活躍にマンチーニ氏が喜び「ファンタスティックだ」

教え子バロテッリの活躍にマンチーニ氏が喜び「ファンタスティックだ」

ニースで調子を取り戻しつつあるバロテッリ [写真]=Icon Sport via Getty Images

 ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリについて、同選手を指導した経験のあるロベルト・マンチーニ氏がコメントした。13日付けのフランス紙『レキップ』が伝えている。

 バロテッリは今シーズン、リーグ・アンのニースでプレーしている。ここまでリーグ戦3試合で5ゴールを挙げるなど活躍。リヴァプールやミランでは結果を残せない日々が続いていたが、新天地で本来の調子を取り戻しつつある。

 インテルやマンチェスター・Cでバロテッリを指導していたマンチーニ氏は、同選手について尋ねられると「ファンタスティックだよ、選手としても男としてもね。良くも悪くもだ。彼がグラウンドやその他の場所でしてきたことは、私にとって彼を特別な選手にしている」と、想いを明らかにした。

 新天地での成績に関しては「彼は20得点しなければいけないね。ただし、いかなる時もシャツを脱ぐのは辞めたほうが良い」とアドバイスを送った。2日のロリアン戦ではゴールを決めた直後にユニフォームを脱いでイエローカードを貰ったバロテッリ。その後のプレーで再び警告を受け、退場処分となっていた。

 マンチーニ氏は、2011−12シーズンにマンチェスター・Cでプレミアリーグ制覇した経験を持つ。優勝を決定づけたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのゴールを生み出したのは、体を張ってボールをキープしたバロテッリのパスだった。フランスで躍動する元教え子の活躍に対し、マンチーニ氏は「ニースでうまくやっているのは、僕も嬉しいよ」とコメント。別の道に進んだ今も、バロテッリは忘れられない選手の1人のようだ。

関連記事(外部サイト)