PKストップで優勝に貢献 笑顔のGK西川「自分を信じてやった結果」

浦和GK西川PK止め勝利に貢献

PKストップで優勝に貢献 笑顔のGK西川「自分を信じてやった結果」

PKストップで優勝に貢献 笑顔のGK西川「自分を信じてやった結果」

PKストップで勝利に貢献した浦和GK西川周作 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 2016JリーグYBCルヴァンカップ決勝が15日に埼玉スタジアム2002で開催され、浦和レッズがPK戦の末にガンバ大阪を下して13年ぶりの優勝を果たした。

 浦和は前半に先制を許したが、後半に李忠成のゴールで追いつくと、このまま迎えたPK戦を5−4で制し、悲願のタイトル獲得となった。

 PK戦でG大阪4人目、呉屋大翔のシュートをストップして優勝に貢献した西川は、「絶対に止めてやろうと、自分を信じてやった結果、みんなの笑顔を見ることができて本当に良かったと思います」とコメント。

 そして「レッズに来てPKを1本も止めてなかったんですけど、基本を大事にしてしっかりとゴールを守ることができて良かったです」と満面の笑みを浮かべた。

関連記事(外部サイト)