岡崎CLデビューのレスターが3連勝、ドルト&レアルも白星 清武は出番なし/CL・GS第3節

岡崎CLデビューのレスターが3連勝、ドルト&レアルも白星 清武は出番なし/CL・GS第3節

勝利を収めたレスター(左)、レアル(右上)、ドルトムント(右下) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が18日に各国で行われた。

 グループEでは最下位のCSKAモスクワ(ロシア)がホームで首位モナコ(フランス)と、3位レヴァークーゼン(ドイツ)がホームで2位トッテナム(イングランド)と対戦。それぞれ1−1、0−0のドローに終わったため、順位に変動はなかった。

 グループFではレアル・マドリード(スペイン)がホームでレギア・ワルシャワ(ポーランド)と対戦。ギャレス・ベイルやアルバロ・モラタのゴールなどで5−1と大勝した。また、日本代表MF香川真司が今シーズンのCL初先発を果たしたドルトムント(ドイツ)は敵地でスポルティング(ポルトガル)に2−1で競り勝っている。

 グループGでは日本代表FW岡崎慎司所属のレスター(イングランド)がホームでコペンハーゲン(デンマーク)と対戦。リヤド・マフレズが挙げた1点を守り切って3連勝を飾った。なお、岡崎は85分からピッチに立ち、CLデビューを果たしている。もう1試合ではポルト(ポルトガル)がクラブ・ブルージュ(ベルギー)とのアウェーゲームを2−1で制した。

 グループHでは日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャ(スペイン)が敵地でディナモ・ザグレブ(クロアチア)と対戦。前半にサミル・ナスリが挙げた1点が決勝ゴールとなり、2連勝を飾っている。なお、ベンチ入りした清武に出場機会は訪れなかった。また、アウェーでリヨン(フランス)と対戦したユヴェントス(イタリア)は守護神ジャンルイジ・ブッフォンの好セーブ連発などもあり、1−0の完封勝利を収めている。

■CLグループステージ第3節結果
▼グループE
CSKAモスクワ(ロシア) 1−1 モナコ(フランス)
レヴァークーゼン(ドイツ) 0−0 トッテナム(イングランド)

▼グループF
スポルティング(ポルトガル) 1−2 ドルトムント(ドイツ)
レアル・マドリード(スペイン) 5−1 レギア・ワルシャワ(ポーランド)

▼グループG
レスター(イングランド) 1−0 コペンハーゲン(デンマーク)
クラブ・ブルージュ(ベルギー) 1−2 ポルト(ポルトガル)

▼グループH
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 0−1 セビージャ(スペイン)
リヨン(フランス) 0−1 ユヴェントス(イタリア)

■グループステージ順位(第3節)
▼グループE
1位 モナコ(勝ち点5/得失点差1)
2位 トッテナム(勝ち点4/得失点差0)
3位 レヴァークーゼン(勝ち点3/得失点差0)
4位 CSKAモスクワ(勝ち点2/得失点差−1)

▼グループF
1位 ドルトムント(勝ち点7/得失点差7)
2位 レアル・マドリード(勝ち点7/得失点差5)
3位 スポルティング(勝ち点3/得失点差0)
4位 レギア・ワルシャワ(勝ち点0/得失点差−12)

▼グループG
1位 レスター(勝ち点9/得失点差5)
2位 コペンハーゲン(勝ち点4/得失点差3)
3位 ポルト(勝ち点4/得失点差0)
4位 クラブ・ブルージュ(勝ち点0/得失点差−8)

▼グループH
1位 ユヴェントス(勝ち点7/得失点差5)
2位 セビージャ(勝ち点7/得失点差2)
3位 リヨン(勝ち点3/得失点差1)
4位 ディナモ・ザグレブ(勝ち点0/得失点差−8)

関連記事(外部サイト)