ユニフォームの見分けつかず試合中断…岐阜と松本の一戦で珍事発生

J2ユニ見分けつかず試合中断

ユニフォームの見分けつかず試合中断…岐阜と松本の一戦で珍事発生

ユニフォームの見分けつかず試合中断…岐阜と松本の一戦で珍事発生

ホームの岐阜(左)とアウェーの松本(右) [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 明治安田生命J2リーグが12日に行われ、FC岐阜松本山雅FCが対戦した。同試合では前半、両チームのユニフォームの見分けがつきづらかったため試合が中断するハプニングが発生した。

 同試合でホームの岐阜はグリーンのユニフォーム、アウェーの松本はグレーのユニフォームを着用してキックオフを迎えた。しかし両チームの区別が付きづらく、松本の工藤浩平が誤って岐阜の選手にパスを出すなど、混乱を招いた。

 このため、11分にレフリーは試合を中断。その時点では用意が間に合わずゲームはそのまま続行されたが、その後ハーフタイムに岐阜の選手が白のアウェーユニフォームに着替えて登場。試合中にユニフォームを交換するという、珍しい対応が取られた。

 なお試合は、中断明けの12分に松本が飯田真輝のゴールで先制。この1点を守りきり、岐阜を1−0で破っている。

関連記事(外部サイト)