TUBE春畑、25年前披露のJリーグテーマ曲を日産スで初演奏「感謝の想いを込めて」

TUBE春畑、25年前披露のJリーグテーマ曲を日産スで初演奏「感謝の想いを込めて」

日産スタジアムで『J'S THEME』を演奏した春畑道哉さん

 8日に開催された明治安田生命J1リーグ第6節、横浜F・マリノスvsジュビロ磐田戦の試合前、TUBEのギタリストである春畑道哉さんが登場し、1993年のJリーグ開幕戦でも生演奏された『J’S THEME』を披露した。

 2017年はJリーグ開幕25周年となり、横浜F・マリノスも同試合をクラブ創設25周年記念試合と位置づけ、様々な催しも実施。その一つとして春畑さんのパフォーマンスが行われた。

 当日、『J’S THEME』のイントロが流れ始めると、国立競技場で1993年に演奏した春畑さんの当時のライブ映像がビジョンに流れ、当時と同じギターを使用するなど、25年前を再現した演出の中で披露。曲の最後には春畑さんのJリーグ25周年を祝う直筆メッセージが映し出され、場内は両サポーターの拍手と感動に包まれた。

 パフォーマンス後、春畑さんは「今日は初めての日産スタジアムで『J’S THEME』を演奏させて頂きました。多くの人々に夢・感動・興奮を与え続け来たJリーグが、これからも更なる高みを目指していく姿をイメージしてプレイしました。『J’S THEME』誕生のきっかけを作ってくれたJリーグへ感謝の想いを込めて…25周年おめでとうございます。そして今日、このような機会を作ってくれた横浜F・マリノスに感謝しています」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)