南米王者チリのビダル、コンフェデ杯出場に意欲「絶対に参加したい」

南米王者チリのビダル、コンフェデ杯出場に意欲「絶対に参加したい」

ビダルがコンフェデ杯出場への強い思いを語った [写真]=LatinContent/Getty Images

 6月17日から開催されるFIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017に参加するチリ代表で中心的な役割を担う一人が、バイエルンに所属するMFアルトゥーロ・ビダルだ。同選手はドイツメディア『スポーツビルト』の取材に応じ、同大会への参加を強く希望していることを明らかにした。

 ワールドカップの前年にプレ大会として開催されているコンフェデレーションズカップだが、今大会ではビダルのチームメイトであるドイツ代表DFマッツ・フンメルス(バイエルン)が休養を理由に参加辞退の意向をメディアに語るなど、各選手の“本気度”には温度差がある。

 しかしビダルは取材の中で、「この大会にチリが参加するのは今回が初めて。来年のワールドカップまでのチームの成長という部分において、この大会はマイルストーンになると思う」と同大会の意義を強調し、さらに「だから絶対に参加したい。“この大会に出たくない”という選手はチリにはいないはずだよ」と大会に懸ける代表チームの思いを代弁した。

 参加8カ国が4チームずつに分かれて行われるグループステージで、チリはワールドカップ王者のドイツの他、カメルーン、オーストラリアと同居するグループBに振り分けられている。一筋縄では行かない相手が揃っているが、南米王者のチリがどのような戦いを見せるのか注目だ。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)