マンUが獲得に関心を寄せるダイアー、トッテナムは退団の心配せず

マンUが獲得に関心を寄せるダイアー、トッテナムは退団の心配せず

マンチェスター・Uに狙われているダイアー [写真]=Getty Images

 トッテナムは、イングランド代表DFエリック・ダイアーの退団を心配してはいないようだ。10日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ダイアーには、マンチェスター・Uが関心を示しており、4000万ポンド(約59億円)での獲得を画策していることが報じられている。しかし、トッテナムは来シーズンもチャンピオンズリーグに出場することがほぼ決まっており、まだ成長中のチームの中心選手を売却することには興味がないようだ。

 トッテナムは、ダイアーと長期契約を結んでおり、週給は5万ポンド(約740万円)に及んでいる。同クラブのダニエル・レヴィ会長は、これ以上の賃金上昇はないと明かしているが、同選手の退団に心配してはいないようだ。

 ダイアーは今シーズン、クラブではこれまで45試合に出場し2得点2アシストを記録しており、同クラブの中心選手として活躍している。

関連記事(外部サイト)