マンUがEL初制覇に王手! セルタの追撃振り切り決勝進出、CL出場権まであと1勝

マンUがEL初制覇に王手! セルタの追撃振り切り決勝進出、CL出場権まであと1勝

マンチェスター・Uがセルタの反撃を振り切って決勝へ駒を進めた [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグが11日に行われ、マンチェスター・U(イングランド)とセルタ(スペイン)が対戦した。

 セルタのホームで行われたファーストレグはマンチェスター・Uが1−0で勝利を収めた。ホームに戻ってセカンドレグを迎えるマンチェスター・Uは引き分け以上でファイナル進出が決定。対するセルタは1−0の勝利で延長戦へ、それ以外のスコアで勝利を収めれば、逆転で決勝へ駒を進めることとなる。

 試合序盤は勝利が必要なセルタが積極的な入りを見せたが、徐々にマンチェスター・Uが落ち着きを取り戻していく。すると17分に試合が動いた。左サイドでボールを持ったマーカス・ラッシュフォードが右足でアーリークロスを上げると、ファーサイドに走り込んだマルアン・フェライニが頭で合わせ、マンチェスター・Uが先制に成功した。

 1点リードで後半を迎えたマンチェスター・Uは49分、右サイドからのFKがペナルティエリア手前にこぼれたところをヘンリク・ムヒタリアンが右足で狙う。強烈なシュートが枠の左上を捉えたが、ここはGKに阻まれた。

 65分には個人技でエリア内左に持ち込んだラッシュフォードが左足で狙ったが、ここもGKにセーブされてしまう。一方のセルタは75分、右サイドからのクロスにヨン・グイデッティがフリーで合わせたが、このヘディングシュートは枠の右へ外れた。

 セルタが1点を返したのは85分。セットプレーの流れから右サイドのパブロ・エルナンデスがクロスを上げると、ファクンド・ロンカリアが頭で合わせる。これがゴール左隅へ吸い込まれ、逆転に望みをつなぐ1点となった。

 しかし、2点目を狙ったセルタはラストプレーで迎えた決定機をグイデッティが決めきれず、試合はこのまま1−1のドローで終了。この結果、マンチェスター・Uが2戦合計2−1でファイナル進出を果たした。

 初のEL制覇を目指すマンチェスター・Uは、24日に行われる決勝でアヤックスと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 1−1(2試合合計:2−1) セルタ

【得点者】
1−0 17分 マルアン・フェライニ(マンチェスター・U)
1−1 85分 ファクンド・ロンカリア(セルタ)

関連記事(外部サイト)