「まだ満足いくものではない」…反省しきりの中山雄太、課題点を列挙も改善に自信

「まだ満足いくものではない」…反省しきりの中山雄太、課題点を列挙も改善に自信

反省しきりも、改善に自信を見せた中山雄太 [写真]=三浦彩乃

「今日はもっともっとできたなというふうに感じています」

 ジュビロ磐田とのトレーニングマッチ後、U−20日本代表DF中山雄太の口から出る言葉は反省ばかりである。

「まだ随所のビルドアップの部分のミスであったり、本当にそういうミスから失点するというのは、アジア最終予選(AFC U−19選手権2016)でも学んできました。オフェンスはまだまだという部分はありましたね。僕たちが出た1本目は1点取りましたけど、まだ満足いくものではないと感じています」

 中山はキャプテンマークを左腕に巻き、30分×2本の1本目に先発フル出場。互いにスコアレスのまま迎えた24分、U−20日本代表は市丸瑞希(ガンバ大阪)のパスを久保建英(FC東京U−18)がスルーし、後ろから走り込んだ伊藤洋輝(ジュビロ磐田U−18/トレーニングパートナー)がシュートを放つ。一度はGKにセーブされたが、こぼれ球を小川航基(ジュビロ磐田)が押し込み、1−0で勝利を収めた。

 30分という変則的な一戦で完封勝利を飾ったものの、中山は「自分たちの展開で持って行けたシーンもありましたけど、もっともっとできたんじゃないかなと思います。相手の守備のスイッチがもっと良かったら、結構苦しい展開になるなという感じ方もしたので、そこは改善していきたい」と課題を挙げた。だが、合宿2日目にして早くも課題点が見つかったことで「改善は絶対にできる。そういう部分は見直していきたいなと思います」と前を向く。

 次戦は15日、U−20ホンジュラス代表との大会前最後のテストマッチを行い、その6日後の21日にはついにU−20南アフリカ代表とのグループステージ初戦を迎える。

「レイソルでも試合に出させてもらっていて身体の問題はないので、本当にあとはいい準備をしてやっていくだけかなと思います」

 待ち焦がれた世界の舞台まで、残されたリミットは約一週間。どこまでも高みを目指す守備の要が、もう一度チームの手綱を締め直す。

取材・文=三島大輔

関連記事(外部サイト)