ハメス、シーズン終了後のマンU移籍に現実味 母国メディア報じる

ハメス、シーズン終了後のマンU移籍に現実味 母国メディア報じる

移籍が報じられたJ・ロドリゲス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスについて、マンチェスター・Uへ移籍する可能性が高まっている。コロンビアのメディアが伝えた内容を、スペイン紙『マルカ』が13日に報じた。

 レアル・マドリードで3年目のシーズンを過ごすJ・ロドリゲス。クラブとの契約は2020年までとなっているが、今シーズン終了後の去就はいまだ不透明だ。同選手に対してはマンチェスター・Uに加え、複数の強豪クラブが関心を寄せている。

 コロンビアのラジオ局『cadena nacional』によると、J・ロドリゲスはすでにマンチェスター・Uと合意間近の状況にあるという。今夏の加入に向け、交渉は最終段階に進んでいるようだ。

 また、イギリス紙『デイリーメール』は、J・ロドリゲスがアディダスとの契約により10番のユニフォームを着なければならないため、マンチェスター・Uの現10番であるイングランド代表FWウェイン・ルーニーから番号を引き継ぐと報じた。このため、同紙はルーニーが今夏に同クラブを退団するだろうと予想している。

 レアル・マドリードはJ・ロドリゲスの売却で得た資金を補強に費やす模様。高額な移籍金と期待を背負い加入した同選手だが、クラブを去ることはあるのだろうか。

関連記事(外部サイト)