酒井フル出場のHSV、劇的ドローで自動降格回避…シャルケはホーム最終戦飾れず

酒井フル出場のHSV、劇的ドローで自動降格回避…シャルケはホーム最終戦飾れず

HSVが劇的ドローで勝ち点「1」を獲得した [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第33節が13日に行われ、DF内田篤人の所属するシャルケと日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)が対戦した。酒井は左サイドバックで先発出場、内田は負傷によりメンバー外となった。

 昇降格プレーオフ圏内の16位に沈むHSVが、10位シャルケのホームに乗り込んでの一戦。試合は25分に動いた。シャルケは左サイドのナビル・ベンタレブがクロスを中央に送ると、ニアのグイド・ブルグスタラーが頭でゴール右隅に流し込んで、先制に成功した。さらにシャルケは33分、右サイドのティロ・ケーラーのクロスから、中央のクラース・ヤン・フンテラールがヘディングシュートを放つが、左ポストに直撃。そのこぼれ球にブルグスタラーが詰めるが、シュートはクロスバー上に外れた。

 反撃したいHSVは39分、酒井が左サイドから鋭いクロスを入れると、ボビー・ウッドがエリア内中央で受けて右足シュートを打つが、枠を捉えられない。後半に入って59分には、エリア内右に抜け出したデニス・ディークマイアーがフリーで右足を振り抜くが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

 シャルケは80分、フンテラールを下げてベンジャミン・スタンブリを投入。今シーズン限りでの退団を表明しているフンテラールは観客のスタンディングオベーションで送り出された。HSVは87分、エリア内に抜け出したウッドが相手GKとの1対1で右足シュートを放つが、わずかに枠の左に逸れた。

 絶好のチャンスを逃したHSVだが、後半アディショナルタイム2分に執念が実を結ぶ。酒井とのワンツーでウッドがエリア内左に抜け出し、パスを受けたジャン・ルカ・ヴァルドシュミットがシュートを放つが相手DFにブロックされる。だが、ルイス・ホルトビーがこぼれ球を拾い右サイドへパスを送ると、ピエール・ミシェル・ラソッガが左足で押し込み、土壇場で同点に追い付いた。

 シャルケは後半アディショナルタイム4分、右CKからセアド・コラシナツがヘディングシュートを叩き込んでゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定となった。試合は直後にタイムアップを迎え、1−1で終了。HSVは勝ち点「1」獲得で16位にとどまったものの、自動降格圏の17位インゴルシュタットも引き分けに終わり、残り1試合で勝ち点差「4」となったため、自動降格を回避した。

 シャルケは次節、20日に敵地でインゴルシュタットと対戦。HSVは同日にヴォルフスブルクをホームに迎える。

【スコア】
シャルケ 1−1 ハンブルガーSV

【得点者】
1−0 25分 グイド・ブルグスタラー(シャルケ)
1−1 90+2分 ピエール・ミシェル・ラソッガ(HSV)

関連記事(外部サイト)