後半から投入の武藤が決勝点&PK獲得…逆転勝利のマインツ、自動降格を回避

後半から投入の武藤が決勝点&PK獲得…逆転勝利のマインツ、自動降格を回避

起用に応える逆転弾をマークした武藤 Bundesliga/DFL via Getty Images

 ブンデスリーガ第33節が13日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツと日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトが対戦した。武藤はベンチスタート。負傷中の長谷部はメンバー外となっている。

 マインツのペースで試合が進む中、42分にスコアが動く。エリア内でアイメン・バルコクのフィードを受けたブラニミル・フルゴタが左足を振り抜き、フランクフルトが先制。前半はフランクフルトの1点リードで折り返す。

 追いかけるマインツは後半開始から武藤を投入する。しかし50分、フランクフルトはタレブ・タワサのクロスをフルゴタが頭で合わせる。一度はGKヤニク・フートが防いたが、こぼれ球をハリス・セフェロヴィッチが押し込み、リードを2点に広げる。

 マインツは60分、抜け出したジョン・コルドバが右足を振り抜き、1点を返す。さらにその直後の62分には、セットプレーのチャンスを得ると、シュテファン・ベルの叩きつけたヘディングシュートが決まり、3分間で試合を振り出しに戻す。

 そして迎えた76分、マインツは後半から出場の武藤がヘディングでネットを揺らし、ついにマインツが逆転に成功する。武藤は今シーズン5得点目となった。さらに後半アディショナルタイムには武藤がエリア内で倒されてPKを獲得。このPKをパブロ・デ・ブラシスが落ち着いて流し込み、さらにリードを広げる。

 試合は4−2で終了。マインツが逆転勝利を収め、自動降格を回避した。

 次節、マインツはアウェイで日本代表FW大迫勇也が所属するケルンと、フランクフルトはホームでライプツィヒと対戦する。

【スコア】
マインツ 4−2 フランクフルト

【得点者】
0−1 42分 ブラニミル・フルゴタ(フランクフルト)
0−2 50分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)
1−2 60分 ジョン・コルドバ(マインツ)
2−2 62分 シュテファン・ベル(マインツ)
3−2 76分 武藤嘉紀(マインツ)
4−2 90+2分 パブロ・デ・ブラシス(マインツ)

関連記事(外部サイト)