ベンフィカが4年連続36回目のリーグ優勝!…カップ戦との2冠を目指す

ベンフィカが4年連続36回目のリーグ優勝!…カップ戦との2冠を目指す

ベンフィカがクラブ史上初の4連覇を達成した [写真]=Getty Images

 ベンフィカが13日、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)4連覇を達成した。

 ベンフィカは同日に行われたプリメイラ・リーガ第33節でヴィトーリアSCと対戦。11分にFWフランコ・セルビのゴールで先制すると、16分にFWラウール・ヒメネス、37分にMFピッツィ、43分にFWジョナスが追加点を挙げ、前半の内に4点リードを奪い試合を決定付ける。後半には67分にジョナスがPKで自身2点目を挙げ、このまま5−0の完勝を収めた。

 この結果、ベンフィカは勝ち点を「81」に伸ばし、残り1試合で、翌14日に試合を行う同「73」の2位ポルトとの勝ち点差は「5」以上になることが確定し、リーグ4連覇を決めた。

 ベンフィカは第33節終了時点で25勝6分け2敗。今節勝利したことで今シーズンはホーム無敗のまま、クラブ史上初の4連覇でリーグ最多36回目の優勝を果たした。また、タッサ・ダ・リーガ(リーグ・カップ戦)は準決勝敗退で4年連続の優勝を逃したものの、タッサ・デ・ポルトガル(ポルトガル・カップ戦)は決勝に進出しており、2冠を懸けて5月28日に再びヴィトーリアSCと対戦する。

 なお、4年連続のプリメイラ・リーガ優勝は2005年〜2009年にポルトが達成して以来、8年ぶりの快挙となった。ベンフィカは来シーズン、ポルトが1995年〜1999年にかけて樹立したリーグ最多連続優勝記録の5連覇を目指す。

関連記事(外部サイト)