横浜FM、甲府を下し連敗を3でストップ…セットプレーから金井が決勝点

横浜FM、甲府を下し連敗を3でストップ…セットプレーから金井が決勝点

金井の1点を守り切ったホームの横浜FMが勝利した [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第11節が14日に行われ、横浜F・マリノスとヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 横浜FMは前節欠場の喜田拓也がスタメンに復帰。一方の甲府は前節復帰したウイルソンが5試合ぶりにスタメン起用された。

 スコアレスのまま迎えた前半アディショナルタイム、横浜FMはセットプレーのチャンスを得ると、ミロシュ・デゲネクが頭で合わせる。一度はGK岡大生に防がれたが、こぼれ球を金井貢史が押し込み、先制に成功する。前半は横浜FMの1点リードで折り返す。

 甲府は後半に入り、道渕諒平と河本明人を投入し得点を狙ったが、最後までゴールネットを揺らすことができずタイムアップ。

 試合は1−0で終了。横浜FMはリーグ戦の連敗を3でストップした。

【スコア】
横浜F・マリノス 1−0 ヴァンフォーレ甲府

【得点者】
1−0 45+1分 金井貢史(横浜FM)

関連記事(外部サイト)