連勝対決は柏に軍配! 手塚のロングシュート&伊東の電光石火弾でFC東京を撃破

連勝対決は柏に軍配! 手塚のロングシュート&伊東の電光石火弾でFC東京を撃破

手塚の得点を喜び合う柏の選手たち [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第11節が14日に行われ、FC東京と柏レイソルが対戦した。

 リーグ戦3連勝中のFC東京と4連勝中の柏による一戦。ホームのFC東京は前節からのメンバー変更はなし。最前線に前田遼一、2列目に大久保嘉人が入る4−2−3−1の布陣で臨む。柏はU−20日本代表に選出された中山雄太が欠場のため、最終ラインには鎌田次郎が起用された。

 15分、FC東京は梶山陽平がゴール前で倒され、FKのチャンスを得る。太田宏介が左足で狙ったが、GK中村航輔が左手一本でセーブ。すると33分、敵陣でボールを持った手塚康平が思い切りよく左足を振り抜く。このロングシュートが決まり、アウェイの柏が先制する。前半は柏の1点リードで折り返す。

 後半キックオフ直後の46分、クリスティアーノのパスに抜け出した伊東純也のゴールが決まり、柏が後半開始早々に追加点を奪う。

 追いかけるFC東京はピーター・ウタカと中島翔哉を投入。さらに61分には梶山に代えて田邉草民を送り込む。すると後半アディショナルタイム、丸山祐市のクロスに田邉がヘディングで合わせ1点を返したが、試合終了のホイッスル。

 試合は1−2で終了。連勝対決は柏に軍配が上がり、リーグ戦の連勝記録を5に伸ばした。

【スコア】
FC東京 1−2 柏レイソル

【得点者】
0−1 33分 手塚康平(柏)
0−2 46分 伊東純也(柏)
1−2 90+3分 田邉草民(FC東京)

関連記事(外部サイト)