監督交代のインテル、反撃及ばず4連敗…先発の長友は前半のみプレー

監督交代のインテル、反撃及ばず4連敗…先発の長友は前半のみプレー

失点に肩を落とすインテルの選手。4連敗を喫した [写真]=Getty Images

 セリエA第36節が14日に行われ、日本代表DF長友佑都所属のインテルとサッスオーロが対戦した。長友は5試合連続で先発に名を連ねた。

 3連敗中で7試合白星から遠ざかっているインテルは、9日にステファノ・ピオリ監督の解任を発表。残り3試合はプリマヴェーラ(下部組織)のステファノ・ヴェッキ監督が指揮を執ることとなった。

 そのインテルは立ち上がりから積極的な姿勢を見せたが、なかなか決定機を作り出すことができない。すると36分にサッスオーロが先制する。敵陣でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けると、ペナルティエリア手前右で受けたドメニコ・ヴェラルディが中央へ落とし、ピエトロ・イエンメッロが右足でシュート。これがゴール右下に決まった。

 1点ビハインドで前半を折り返したインテルはハーフタイムに選手交代。長友とジョアン・マリオを下げ、クリスティアン・アンサルディとエデルを投入した。

 しかし、後半も先にゴールを奪ったのはサッスオーロだった。50分、右サイドを突破したポル・リロラの折り返しをゴール前のイエンメッロが押し込み、スコアは2−0となった。

 苦しくなったインテルは70分、エデルがエリア内左から右足で狙うと、DFに当たってコースが変わったボールがゴール右へ決まり、1点差に詰め寄る。その後はインテルが一方的に押し込む展開となったが、最後まで同点ゴールは生まれず、試合はこのままタイムアップ。サッスオーロが2−1で勝利を収め、インテルは4連敗で8試合白星なしとなった。

 次節、インテルは21日にアウェイでラツィオと、サッスオーロは同日にホームでカリアリと対戦する。

【スコア】
インテル 1−2 サッスオーロ

【得点者】
0−1 36分 ピエトロ・イエンメッロ(サッスオーロ)
0−2 50分 ピエトロ・イエンメッロ(サッスオーロ)
1−2 70分 エデル(インテル)

関連記事(外部サイト)