長友所属インテル、トッテナム指揮官を狙う…年俸10億円超用意か

長友所属インテル、トッテナム指揮官を狙う…年俸10億円超用意か

インテルからの関心を報じられたポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、トッテナムを2シーズン連続でプレミアリーグ2位へ導いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の引き抜きを狙っているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に報じている。

 インテルはセリエA第36節までリーグ戦8試合勝ちなし、4連敗と足踏み状態が続く。今月9日にステファノ・ピオリ監督の解任を発表。現在はプリマヴェーラ(下部組織)のステファノ・ヴェッキ監督が暫定的に指揮を執っている。

 今回の報道によると、インテルはチーム再建のため、来シーズンに向けて新指揮官を招へいする意向を持っている。チェルシーをプレミアリーグ制覇へ導いたアントニオ・コンテ監督やアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督にも接触したが、両指揮官ともに現所属クラブ残留を望んでいる模様。トッテナムのポチェッティーノ監督が新指揮官候補に浮上した。

 ポチェッティーノ監督は現在、トッテナムで年俸420万ユーロ(約5億2000万円)を受け取っているとのことだが、インテルは2倍以上の850万ユーロ(約10億6000万円)を用意してミラノへ迎え入れたいと考えている模様だ。

 2014−15シーズンからトッテナムを率い、好成績を残しているポチェッティーノ監督。新たな挑戦を選ぶ可能性はあるだろうか。

関連記事(外部サイト)