メッシや香川も…“次世代スター登竜門”U−20W杯に出場した名選手達

メッシや香川も…“次世代スター登竜門”U−20W杯に出場した名選手達

U−20W杯には数々の名プレーヤーが出場してきた [写真]=Getty Images

 20日に開幕するFIFA U−20ワールドカップ韓国2017に先駆けて、FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイト『FIFA.com』が同大会で活躍したトッププレーヤーたちを特集した。

 1979年に母国を優勝へ導いたディエゴ・マラドーナ氏に始まり、アルゼンチンはこれまで4人の最優秀選手(ゴールデンボール)を輩出している。2001年にはハビエル・サビオラ氏、2005年と2007年はリオネル・メッシとセルヒオ・アグエロが連続で受賞した。また、マラドーナ氏以外の3人は、得点王に贈られる「ゴールデンブーツ」を同時に獲得する快挙を成し遂げた。

 ほかにも元ブラジル代表FWロナウジーニョ、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏、オランダ代表FWアリエン・ロッベン、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタといった選手が出場し、ワールドクラスのプレーヤーへと成長していった。

 また、これまで11人の選手がU−20W杯とFIFA ワールドカップの両方を制覇している。アルゼンチンからはマラドーナ氏とセサル・メノッティ氏、ブラジルからはドゥンガ氏、ベベット氏、ジョルジーニョ氏、タファレル氏、ミューレル氏、ジーダ氏、がU−20W杯とW杯のダブル制覇を成し遂げた。日本代表がベスト16まで進出した2010年のW杯で優勝したスペインからも、カルロス・マルチェナ氏、MFシャビ、GKイケル・カシージャスが2つのタイトルを獲得している。

 日本代表としては今大会を除いて最後の出場となった2007年大会にMF香川真司、DF内田篤人などが出場。決勝トーナメント初戦でチェコ代表にPK戦で敗れたが、フェアプレー賞を獲得した。

 10年ぶりの出場となるU−20日本代表は、21日に南アフリカとの初戦を迎える。

関連記事(外部サイト)