CL出場権争いは三つ巴のまま最終節へ…アーセナルがサンチェス2発で望みつなぐ

CL出場権争いは三つ巴のまま最終節へ…アーセナルがサンチェス2発で望みつなぐ

決勝ゴールを挙げたアレクシス・サンチェス [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第34節延期分が16日に行われ、アーセナルとサンダーランドが対戦した。

 序盤から敵陣に押し込むアーセナルは8分、ペナルティエリア手前からアレクシス・サンチェスがミドルシュートを放つと、オリヴィエ・ジルーに当たってコースが変わったボールがゴール左へ吸い込まれる。しかし、ボールはジルーの手に当たっていたため、ここはハンドの判定でノーゴールとなった。

 10分にはスルーパスでエリア内に抜け出したジルーが決定機を迎えたが、シュートはGKがセーブ。その後も圧倒的に攻め込むアーセナルだったが、ゴールを割ることはできず、前半はスコアレスで折り返す。

 アーセナルの猛攻が実ったのは72分。グラニト・ジャカがエリア内左にロングボールを送ると、フリーで抜け出したメスト・エジルがダイレクトで折り返す。このボールをゴール前のサンチェスが流し込み、待望の先制点となった。

 追加点を狙うアーセナルは81分、右サイドからのクロスにジルーが左足で合わせると、GKが弾いたボールをサンチェスが押し込み、リードを2点に広げた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、アーセナルが2−0で勝利。勝ち点を72に伸ばしたことで、同72のマンチェスター・C(1試合未消化)、同73のリヴァプールとのチャンピオンズリーグ出場権をかけた争いは最終節までもつれることとなった。

 21日に行われる最終節で、アーセナルはホームでエヴァートンと、サンダーランドはアウェイでチェルシーと対戦する。なお、CL出場権を争うマンチェスター・Cはアウェイでワトフォードと、リヴァプールはホームにミドルスブラを迎える。

【スコア】
アーセナル 2−0 サンダーランド

【得点者】
1−0 72分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
2−0 81分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)

関連記事(外部サイト)