鹿島、レオ・シルバの手術が完了…遠藤の負傷離脱も同時に発表

鹿島、レオ・シルバの手術が完了…遠藤の負傷離脱も同時に発表

手術を受けたレオ・シルバ(左)と負傷離脱した遠藤(右) [写真]=Getty Images

 鹿島アントラーズは18日、MFレオ・シルバが左膝半月板手術を受けたことを発表、さらにMF遠藤康の負傷離脱を発表した。

 両選手は14日の明治安田生命J1リーグ第11節ヴィッセル神戸戦で負傷。レオ・シルバは、17日に東京都内の病院において、チームドクターの執刀による手術関節鏡視下半月板手術を受けた。発表によると、全治6〜8週間程度と診断されている。一方の遠藤は、同じくチームドクターから左大腿二頭筋筋損傷と診断、約3〜4週間の離脱が発表されている。

 鹿島は明治安田生命J1リーグで7勝4敗の勝ち点「21」で4位につけ、次節は7位の川崎フロンターレとホームで対戦する。

関連記事(外部サイト)