アトレティコ、トリノFWベロッティに74億円準備か…チェルシー、バイエルンなどと争奪戦?

アトレティコ、トリノFWベロッティに74億円準備か…チェルシー、バイエルンなどと争奪戦?

多くのクラブからの関心が報じられるベロッティ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードが、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの獲得を検討していることが分かった。スペインのラジオ局『Cadena Cope』が16日に報じている。

 アトレティコ・マドリードは、前線の補強のため、チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタの復帰を第一の目標としているという。ただし、D・コスタの復帰が失敗に終わった場合、2番目の選択肢としてベロッティの獲得に動くと予想されている。ベロッティの移籍金には、トリノが設定している移籍の際の契約破棄金の1億ユーロ(約123億円)が必要とされているが、アトレティコ・マドリードは、6000万ユーロ(約74億円)を用意。契約破棄金を下げさせて交渉に臨みたい構えのようだ。

 現在23歳のベロッティは、2015年夏にパレルモからトリノへ移籍。今シーズンのセリエAではここまで33試合に出場し、得点ランク2位となる25得点を挙げている。アーセナル、チェルシー、リヴァプール、マンチェスター・C、マンチェスター・U、パリ・サンジェルマン、バイエルン、ローマなどすでに多くのビッグクラブからの関心が報じられており、今夏の移籍市場で最大の注目株となりそうだ。

関連記事(外部サイト)