今夏の注目株、トリノFWベロッティが6月に「愛が生まれた」パレルモで結婚式へ

今夏の注目株、トリノFWベロッティが6月に「愛が生まれた」パレルモで結婚式へ

公私ともに絶好調のベロッティ [写真]=Getty Images

 トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティが、6月15日にパレルモで結婚式を挙げることが分かった。イタリア誌『Chi』が報じている。

 セリエAでここまで33試合に出場し、25得点をマークして得点ランキングで2位に立つベロッティ。移籍の際の契約破棄金が1億ユーロ(約123億円)に設定されていることから“Mr.1億ユーロ”の異名を持ち、今夏の移籍市場を賑わせる存在として注目されている。

 今シーズン絶好調の同選手は、プライベートも充実しているようだ。「ジョルジャの前でひざをつき、プロポーズした」と、ジョルジャ・ドゥーラさんと結婚することを明かした。

 妻となるジョルジャさんは「私は、彼の生まれ故郷であるベルガモで式を挙げても良かったのですが、アンドレアはパレルモで挙げようと言ってくれたんです。そこは私たちの愛が生まれた場所で、そこから全てが始まったからです。シチリアで、私たちは夫妻になります」とコメントしている。

 ベロッティにはマンチェスター・Cやマンチェスター・U、チェルシー、アトレティコ・マドリード、バイエルンなど数多くのビッグクラブが関心を寄せているとの報道があり、最愛のパートナーとともに海を渡る可能性も考えられている。

関連記事(外部サイト)