【横浜FMvs仙台プレビュー】リーグ前節に4試合ぶりの勝利を手にした横浜FM…仙台は日産スタジアムと好相性

【横浜FMvs仙台プレビュー】リーグ前節に4試合ぶりの勝利を手にした横浜FM…仙台は日産スタジアムと好相性

仙台はルヴァン杯で若手の選手たちが躍動した。MF梁勇基らベテラン陣の奮起にも期待が集まる [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

■横浜F・マリノス 前節・甲府戦の勝利でリーグの連敗は3でストップ

【プラス材料】
 リーグ第8節・柏戦からの連敗を3でストップし、前節・甲府戦(1−0)で4試合ぶりの勝利を手にした。内容面で特筆すべきものはなかったが、久しぶりの勝利に多くの選手が安堵した様子。エリク・モンバエルツ監督は「この1勝が自信を取り戻すきっかけになる」と価値を語った。

 その試合では左SB金井貢史が今季2ゴール目となる決勝弾を決めた。セットプレーやセットプレーの二次攻撃で得点力を発揮しており、今後も意外性ある男のゴールに期待がかかる。

 また、今節の仙台戦もホームゲーム開催となる。ここまでリーグのホーム戦では4勝1分1敗と大きく勝ち越しているため、2連勝への機運は間違いなく高まっている。下位に沈む仙台をしっかり叩いて勝ち点3を手にすることで、上位陣の背中が見えてくる。

【マイナス材料】
 甲府戦で連敗をストップしたとはいえ、内容面は芳しくなかった。前半終了間際にセットプレーから先制したが、リードしている後半も余裕のない精神状態からミスが多発し、何度か決定機を献上した。決して盤石と言えるゲーム内容ではなく、内容のブラッシュアップが求められる。

 その試合ではデゲネクが左太ももを打撲して途中交代した。ここまで中澤佑二とともに最終ライン中央を守ってきた中軸だけに、離脱となれば痛手だ。幸い長期離脱にはならなそうだが、オーストラリア人CBのコンディションに一抹の不安が残る。

 対戦する仙台とはロースコアな展開になることが多いだけに、1つのミスが命取りになる。辛抱強く戦うことが得意とは言えず、難しいゲームになりそうだ。

文:totoONE編集部

■ベガルタ仙台 今節の会場である日産スタジアムでは、過去5勝3分0敗と負けなし

【プラス材料】
 リーグ戦では連敗と苦しい状況ではあるが、上位との勝ち点差はわずか。まずは勝ち点3を取って、対戦相手の横浜Mに追いつきたいところだ。会場の日産スタジアムは、仙台がJ1を戦って以来負けたことがない場所。相性の良さを味方につけて勝利したい。

 ルヴァン杯の方では佐々木匠や椎橋慧也といった若手選手が台頭してリーグ戦でもベンチ入りし、チームに刺激を加えている。彼ら自身の出場にも、彼らに突き上げられた中堅やベテランの奮起にも期待したい。

 攻撃陣ではクリスランが好調だ。リーグ前節の大宮戦でもゴールし、今季4点目。ハイペースでゴールを積み上げる助っ人に、他の選手も続くことができるか。

【マイナス材料】
 リーグ戦の連敗は、いずれも複数失点。特に前節の大宮戦(1−2)は今季初の逆転負けであったため、ショックも大きい。悪い内容ではないものの、セットプレーでこぼれ球を押しこまれたり、ビルドアップ中に不用意なボールの奪われ方をしたりと、自滅が目立つ。自信を失わずに立ち直れるかが3試合ぶりの勝利のカギだ。

 また、先週に菅井直樹が負傷離脱したために、右サイドで台頭する選手が待たれる。前節の大宮戦ではこのポジションでクロスが得意な蜂須賀孝治が先発し、スピードのある小島雅也が途中出場した。この試合ではどちらも決め手を欠いてしまったが、果たして次に先発する選手は、レギュラーを奪えるほどの突き上げは見せられるか。

文:totoONE編集部

関連記事(外部サイト)