ウディネーゼ、期待の若手20歳GKスクフェットとの新契約締結を発表

ウディネーゼ、期待の若手20歳GKスクフェットとの新契約締結を発表

ウディネーゼと新契約を締結したスクフェット [写真]=Getty Images

 ウディネーゼは17日、U−21イタリア代表GKシモーネ・スクフェットと2022年6月30日までの新契約を締結したことをクラブ公式サイトで正式発表した。

 スクフェットは1996年5月31日生まれの20歳。2014年2月のボローニャ戦で、17歳の時にセリエAデビューを果たし、そのシーズンは16試合の出場機会を得た。しかし、2014−15シーズンは2試合の出場に留まった。すると、翌シーズンはセリエBのコモにレンタル移籍を果たす。ここでは35試合に出場して、不動のGKとしてプレーした。そして、復帰した今シーズンは、4試合の出場となっている。

 今シーズン終了後には移籍する可能性が報じられていたが、ウディネーゼと長期契約を締結したことで、来シーズンは同クラブに残留することが濃厚となった。

関連記事(外部サイト)