ヴェローナが1年でセリエA復帰、フロジノーネは一歩及ばずプレーオフへ

ヴェローナが1年でセリエA復帰、フロジノーネは一歩及ばずプレーオフへ

セリエB得点王に輝いたパッツィーニ [写真]=Getty Images

 セリエBの最終節となる第42節が18日に行われ、ヴェローナはアウェイでチェゼーナと対戦し、0−0と引き分けた。この結果、自動昇格となる2位に入り、1年でのセリエA復帰を決めた。大手メディア『ESPN』が伝えている。

 最終節ではフロジノーネが、プロ・ヴェルチェッリに2−1と勝利を収め、ヴェローナと勝ち点「72」で並んだが、今シーズンの両者の直接対決ではヴェローナが2−0、0−1となっていたため、ヴェローナが2位で自動昇格、フロジノーネは3位でプレーオフへ進むこととなった。23ゴールを決めたヴェローナの元イタリア代表FWジャンパオロ・パッツィーニが得点王に輝いている。

 なお優勝は、既に昇格を決めていたSPALで勝ち点は「78」。プレーオフは、3位フロジノーネ、4位ペルージャ、5位ベネヴェント、6位チッタデッラ、7位カルピ、8位スペーツィアが進出。22日からプレーオフ1回戦がスタートする。一方、最下位ラティーナと21位ピサが降格することが決まった。

 ヴェローナは昨シーズン、3試合を残してセリエB降格が決定。今シーズンは4年ぶりに2部での戦いとなったが、わずか1年でセリエA復帰を決めた。

関連記事(外部サイト)