まさに“請負人”! ポルトガルに9季連続でリーグ優勝した異次元のMFがいた

まさに“請負人”! ポルトガルに9季連続でリーグ優勝した異次元のMFがいた

現在はベンフィカでプレーするフェイサ [写真]=Getty Images

 クライマックスを迎えている2016−17シーズンの各国リーグ。

 ポルトガルでは最終節を待たずしてベンフィカがクラブ史上36度目の優勝を飾り、4連覇を成し遂げた。

 そんな優勝を決めたベンフィカ選手の中に、ものすごい経歴を持った選手がいた!

 優勝を決めたヴィトーリア・ギマランエス戦でも先発出場を果たしたMFリュボミール・フェイサだ。

 フェイサは1988年8月14日生まれの28歳。

 2008年にはセルビア代表として北京五輪にも出場した経験を持ち、よく走りよく戦うといった情熱的なプレーをするタイプのボランチだ。

 さて、そんなフェイサは2008年にセルビアのハイドゥク・クラからパルティザンへと渡ったのだが、そこから9シーズン連続でリーグ優勝を経験しているというのだ!

その経歴を見てみると…

・パルティザン(セルビア1部)

08−09シーズン…リーグ優勝
09−10シーズン…リーグ優勝
10−11シーズン…リーグ優勝

・オリンピアコス(ギリシャ1部)

11−12シーズン…リーグ優勝
12−13シーズン…リーグ優勝
13−14シーズン…リーグ優勝

・ベンフィカ(ポルトガル1部)

13−14シーズン…リーグ優勝
14−15シーズン…リーグ優勝
15−16シーズン…リーグ優勝
16−17シーズン…リーグ優勝

※オリンピアコス時代の13−14シーズンは開幕直後8月に移籍

 2度の移籍を経験をし、それぞれオリンピアコス、ベンフィカへとステップアップを果たしているのだが、それでも9年連続でリーグ優勝しているのだ。

 フェイサは2013年の8月にオリンピアコスからベンフィカへと移籍しており、13−14シーズンはオリンピアコスで1試合にしか出場していない。

 しかし、この年オリンピアコスもリーグ優勝を果たしており、それを加えると9年で10度のリーグ制覇を成し遂げたということにもなる。これは完全に“タリズマン”!

 また、フェイサはリーグ戦だけでなくカップ戦のタイトルにも恵まれており、パルティザンでの09−10シーズンを除き全てで優勝。今季もヴィトーリア・ギマランエスとのリーグカップ決勝を残しており、これに勝てば7シーズン連続の複数タイトル獲得。

 所属したチームがいずれも名門ではあるが、これだけ長い期間優勝を続ける選手は珍しいと言えよう。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)