柏が磐田を下して6連勝達成! 後半には柏のPKが取り消される珍事も

柏が磐田を下して6連勝達成! 後半には柏のPKが取り消される珍事も

J1磐田vs柏でPK取消の珍事

柏が磐田を下して6連勝達成! 後半には柏のPKが取り消される珍事も

先制点を喜ぶクリスティアーノ [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第12節が20日に行われ、ジュビロ磐田柏レイソルが対戦した。

 試合は前半終了間際に動く。44分、柏は右サイドで伊東純也が仕掛けて低いクロスを上げると、中川寛斗がニアサイドで触って角度を変え、最後はクリスティアーノが冷静に沈めて先制に成功。5連勝中の柏が1点リードで前半を終えた。

 後半立ち上がりの54分、柏は武富孝介が磐田GKカミンスキーと一対一のチャンスを迎える。武富がカミンスキーをかわそうとしたところ、両選手が接触。福島孝一郎主審は磐田の反則を取り、柏へのPKを指示したが、これに磐田の選手が猛抗議する。主審と副審が話し合った結果、PKの判定が取り消され、場内が騒然とする中、磐田ボールで試合が再開された。

 74分には柏に大きな追加点が生まれる。右サイドをクリスティアーノが持ち上がると、右足でピンポイントクロスを供給。待っていた中川寛斗がヘディングで合わせ、柏がリードを2点に広げた。スコアはその後変わらず、柏が敵地で磐田を下してリーグ戦6連勝を達成。磐田は2連敗となった。

 次節、27日に磐田はアウェイでサンフレッチェ広島と、柏はホームで大宮アルディージャと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 0−2 柏レイソル

【得点者】
0−1 44分 クリスティアーノ(柏レイソル)
0−2 74分 中川寛斗(柏レイソル)

関連記事(外部サイト)