攻撃陣好調のC大阪、アウェイで3発快勝…大宮はリーグ戦最下位に後退

攻撃陣好調のC大阪、アウェイで3発快勝…大宮はリーグ戦最下位に後退

ヘッドでのゴールを決めた清武 [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第12節が20日に行われ、大宮アルディージャとセレッソ大阪が対戦した。

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も視察に訪れたこの試合。前節のベガルタ仙台戦でキャプテンのDF菊地光将が復帰した大宮、フォーメーションは4−4−2。一方のC大阪のフォーメーションは4−2−3−1、前節のサンフレッチェ広島戦で大量5得点を奪った攻撃陣に期待。両チームとも好材料を手にこの一戦に臨む。

 先にチャンスを作ったのはホームの大宮。9分、ペナルティエリア手前右サイドにドリブルしてきたMFマテウスからパスを受けたFW瀬川祐輔が、ダイレクトで右足を振り抜く。しかしシュートは枠を捉えられない。

 互いに激しくぶつかっていくが、なかなかチャンスが作れない両チーム。29分には、大宮のMF大前元紀のCKにFW江坂任が頭で合わせるが、ゴールを割ることはできない。続く31分、今度はC大阪にチャンス。混戦からFW杉本健勇が右足を振り抜くもボールは上へ浮いてしまう。

 38分にもC大阪にチャンス。MF清武弘嗣が、ペナルティエリア手前の中央からミドルシュートを放つ。しかし、ボールは枠の左へ外れてしまい、0−0のまま前半を折り返す。

 後半53分、大宮にアクシデント。前節戦列に復帰した菊地がDF河本裕之と交代。信頼できるキャプテンがいなくなってしまった大宮は56分ピンチを迎える。ペナルティエリア内、DF松田陸のパスに抜け出した清武が、中央で待っているMF山村和也にボールを渡す。山村がゴールと近い距離でシュートを放つも、GK塩田仁史が体を張ってセーブ。こぼれたボールを杉本がシュートするもうまくミートせず、大宮はピンチを脱出する。

 63分、スコアが動く。MFソウザのCKに清武が頭で合わせて先制。珍しくヘッドでの得点を挙げ、C大阪が試合を有利に進める。

 同点に追いつきたい大宮は、FW瀬川祐輔がC大阪の左サイドをドリブルで突き進む。一度は倒されるものの、すぐに起き上がりDFを交わしてシュート。しかしこのシュートは枠を外れる。反対に76分のC大阪の攻撃。CKを得たC大阪は再びソウザが蹴る。これに合わせたのは山村。勢いよく叩きつけられたボールは大宮ゴールに吸い込まれていき、点差を2点に広げる。

 さらに86分、右サイドに開いたMF関口訓充のクロスに杉本が右足で合わせて3点目。試合を決定付ける。

 試合はこのまま終了。セレッソはリーグ戦2連勝を飾った。一方の大宮は、アルビレックス新潟が北海道コンサドーレ札幌を下したことによって最下位に転落。

 次節、大宮は柏レイソルと、C大阪はヴィッセル神戸とアウェイで、それぞれ対戦する。

【スコア】
大宮アルディージャ 0−3 セレッソ大阪

【得点者】
0−1 63分 清武弘嗣(C大阪)
0−2 76分 山村和也(C大阪)
0−3 86分 杉本健勇(C大阪)

関連記事(外部サイト)