大迫が最終節で1ゴール1アシストの大活躍! ケルン、5位に滑り込みEL出場権獲得

大迫が最終節で1ゴール1アシストの大活躍! ケルン、5位に滑り込みEL出場権獲得

マインツ戦に出場した大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第34節が20日に行われ、日本代表FW大迫勇也所属のケルンと、FW武藤嘉紀所属のマインツが対戦した。大迫は4試合ぶりの先発出場、武藤は2試合連続のベンチスタートとなった。

 序盤は互いになかなかチャンスを作ることができないまま時間が経過していく。徐々に主導権を握り始めたケルンは36分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がキックフェイントでDFをかわし、左足で狙う。しかしこのミドルシュートは枠の左上へ外れた。

 試合が動いたのは43分。左サイドからのスローインを受けた大迫がヘディングで流すと、これを受けたヨナス・ヘクターが左足のシュートをゴール右下に決め、ケルンが先制に成功した。

 後半に入り62分、マインツはロビン・クアイソンに代えて武藤をピッチへ送り出す。

 63分、ケルンはエリア外まで飛び出した相手GKのクリアボールをミロシュ・ヨイッチが拾い、無人のゴールを狙ってロングシュートを放つ。しかしボールはわずかに枠の左へ逸れてしまった。

 ケルンに追加点が生まれたのは終盤の87分。ヨイッチからのスルーパスでディフェンスラインの裏に抜け出した大迫が左足のシュートをゴール右に叩き込み、決定的な2点目が決まった。大迫にとってはリーグ戦9試合ぶりとなる今シーズン7点目となった。大迫は直後の88分に交代でベンチへ退いた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ケルンが2−0で勝利。試合前に7位だったケルンは最終節で敗れた5位ヘルタ・ベルリンと6位フライブルクをかわし、ヨーロッパリーグ本戦出場となる5位に滑り込んでシーズンを終えることとなった。

【スコア】
ケルン 2−0 マインツ

【得点者】
1−0 43分 ヨナス・ヘクター(ケルン)
2−0 87分 大迫勇也(ケルン)

関連記事(外部サイト)