仙台の大岩一貴が今季初ゴール…目指すは「守備をしながら点を取れるDF」

仙台の大岩一貴が今季初ゴール…目指すは「守備をしながら点を取れるDF」

今季初ゴールを挙げた大岩一貴(右) [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 リーグ戦では、今季ここまで先発フル出場中。代えの利かないベガルタ仙台のセンターバック(CB)、大岩一貴が今季初ゴールを決めた。1点ビハインドで迎えた77分に得たCKの場面。「すごくいいボールが入ってきているし、最近は頭に当てられていたので、決められて良かった」。三田啓貴が放ったボールに対し、頭で合わせたのが“フリー”の大岩だった。

 三田がボールを蹴る瞬間、ニアに走り込んだ平岡康裕にDF中澤佑二がつり出されて、ぽっかりできたスペース。そこに、ボールウォッチャーになってしまったDF金井貢史のスキを突いた大岩がタイミング良く走り込んだ。

「マークについたのが一昨年ジェフ(ジェフユナイテッド千葉)で一緒にやっていた金井だったので、わりとチャンスがあるかなというか、金井の特徴を分かっていたので、『こう動けばフリーだな』となんとなくイメージがあったので、それでフリーになれた」

 蹴り込んだ三田も「フィーリングが良かったので練習どおり」と太鼓判を押す。「基本、あのラインに入って来るというのは練習の時から言われているので、そこに早く流し込むことを常に意識している」と明かした。

 結果は1−1のドロー。勝点3を取れた試合だった。むしろ仙台にとっては勝点2を逃した、とも言える。立ち上がりから厚みのある攻撃で横浜F・マリノスを圧倒し、ゴールが取れそうで取れない展開に「そこを我慢すれば取れると思っていた。だからこそ、失点しちゃダメだと思っていた」と大岩。積極的な攻撃参加を見せていたCBも、横浜FMの攻撃陣を十分に警戒し、後半の無失点に貢献した。

「(勝点2を逃したのは)もったいないですけど、アウェイですし、ポジティブに捉えて、また次の試合につなげていけるようにしたい」。新しいチャレンジをするために、千葉から仙台に移籍して2シーズン目。目指すべき「守備をしながら点を取れるDF」になるために、「取れるだけ、取れるようにしていきたい」と欲を見せた。

関連記事(外部サイト)