4戦ぶり先発の横浜FM・前田直輝、監督の期待にゴールで応えるも「まだまだ」

4戦ぶり先発の横浜FM・前田直輝、監督の期待にゴールで応えるも「まだまだ」

仙台戦でゴールを決めた前田直輝 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 4試合ぶりにスタメン復帰した前田直輝が、開幕戦以来の今季2ゴール目を挙げた。前半終了間際、味方がハーフウェイライン付近でボールを奪取すると、真っ直ぐに相手の裏へ走った。そしてマルティノスが裏へ蹴ったボールに追いつくと、そのまま冷静に左足を振り抜いた。

「前日から監督に裏へのスプリント、マルティノスとの連係は言われていたので、裏への意識はほかの試合よりかはあったと思う。そこがうまくマルちゃんからボールが出ましたし、(伊藤)翔くんのプレスバックというか、粘ってくれたので、そこはチームメートに感謝しています」

 立ち上がりからベガルタ仙台の猛攻に手を焼いた。開始20分ぐらいまでは一方的な展開。横浜F・マリノスはズルズルとラインを下げ、気が付けば完全に受け身に回っていた。

「シンプルに僕のミスというのもあったけど、距離感が間違いなく良くなかった。ボランチから僕へのパスがすごく遠いし、だから狙われやすいというのもあった。守備のところでも、正直ハマりどころがないなという中で、僕と翔くんが連続して追うしかないと思っていた。そこはしんどいですけど、意識して追ったつもりです」

 その結果がゴールに結び付いた。ワントップの伊藤がプレスバックしながらセンターバックの中澤佑二とボールホルダーを挟み込む。そのこぼれをマルティノスが前線に蹴り出して、前田のゴールにつながった。

 前半から死力を尽くしたツケが回ったのか、最後は足をつって72分に途中交代した前田。「今回がラストチャンスだと思っていたので、全力でやるしかなかった。だからしょうがないかな」と言いつつ、「本当に自分の体力のなさですね」と反省した。

 浦和レッズとの開幕戦で決めた、しびれるような決勝弾以来のゴールに「結果だけを見ると良かったのかなと思うけど、試合内容とかファーストタッチのところとかはまだまだなので、次節に切り替えたい」。監督の期待にゴールという結果で応えた前田だったが、ミックスゾーンでその顔が綻ぶことはなかった。

関連記事(外部サイト)