香川が“全盛期を彷彿”…「一見の価値がある」アシストで地元紙から高評価

香川が“全盛期を彷彿”…「一見の価値がある」アシストで地元紙から高評価

ブレーメン戦にフル出場した香川真司 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ブンデスリーガ最終節が20日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、ブレーメンとの打ち合いを4−3で制して3位の座を守り抜き、来シーズンのチャンピオンズリーグ本戦出場権を獲得した。

 香川は2戦連続でスタメン入りしフル出場。1点を追う32分には、スルーパスを通してドイツ代表FWマルコ・ロイスの同点弾をお膳立て。今シーズン6アシスト目を記録した。

 地元紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は、試合後の採点で2ゴール1アシストのロイスに「1.5」のチーム最高点をつけると、香川と逆転で初の得点王に輝いたガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、爆発事件以来の復帰を果たしたスペイン代表DFマルク・バルトラの3選手に「2」をつけた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 香川の寸評は「軽快な動きで、ブレーメンの守備陣を絶えず引っかき回した。数々のいいアクションと全盛期のようなコンビネーションプレーが見られ、同点ゴールでは一見の価値があるアシストを決めた」と記され、全盛期をほうふつとさせるプレーで相手を苦しめたことを高く評価した。

『Ruhr Nachrichten』紙はさらに高い点数をつけ、香川にはロイスの「1」に次ぐ「1.5」が与えられた。

 ドルトムントは、27日に今シーズン最終戦となるDFBポカール決勝で、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦する。

関連記事(外部サイト)