U−20日本代表、逆転勝利でW杯白星発進! 久保のアシストから堂安が決勝弾

【U-20W杯韓国2017】日本代表FW久保建英がアシスト 小川航基と堂安律が得点

記事まとめ

  • FIFA U-20W杯韓国2017のグループD第1節で日本代表と南アフリカ代表が対戦した
  • 日本のGKは小島亨介、キャプテンに坂井大将、2トップに小川航基と岩崎悠人が入った
  • 日本は59分にFC東京の久保建英を投入、久保のアシストで日本が逆転に成功した

U−20日本代表、逆転勝利でW杯白星発進! 久保のアシストから堂安が決勝弾

U−20日本代表、逆転勝利でW杯白星発進! 久保のアシストから堂安が決勝弾

U−20日本代表が逆転勝利でU−20南アフリカ代表を下した [写真]=Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第1節が21日に行われ、U−20日本代表とU−20南アフリカ代表が対戦した。

 日本のGKは小島亨介(早稲田大)。DFラインは右から初瀬亮(ガンバ大阪)、冨安健洋(アビスパ福岡)、中山雄太(柏レイソル)、 舩木翔(セレッソ大阪)の並びとなった。キャプテンを務める坂井大将(大分トリニータ)と板倉滉(川崎フロンターレ)がボランチに入り、中盤2列目の右に堂安律(ガンバ大阪)、左に三好康児(川崎フロンターレ)。小川航基(ジュビロ磐田)と岩崎悠人(京都サンガF.C.)が2トップを形成した。

 開始7分、南アフリカは裏に抜け出したグランド・マージマンがシュートを放つ。このシュートをブロックしようと飛び込んだ冨安に当たってゴールに吸い込まれた。

 先制を許した日本は19分、CKのチャンスを得るとゴール前の混戦から小川がシュートを放つが、惜しくもポストに阻まれた。小川は続く28分にも三好のクロスに頭で合わせる。しかし、このシュートはわずかに枠を外れた。

 日本ペースで試合が進むと42分、相手の最終ラインにプレッシャーを掛けてボールを奪う。しかし、三好のシュートは無人のゴールに流し込めず。前半を1点のビハインドで折り返す。

 後半立ち上がり直後の48分、連携から左サイドを崩すと岩崎のクロスを小川が押し込み、日本が同点に追いつく。

 勝ち越し点を狙う日本は59分、三好に代えて久保建英(FC東京U−18)を投入する。その久保はファーストタッチでいきなり小川にスルーパスを供給。しかし、小川のシュートはGKにブロックされた。

 そして迎えた72分、久保が堂安のワンタッチパスに抜け出す。久保がマイナスに折り返すと、堂安が左足のシュート突き刺し、日本が逆転に成功する。

 試合は2−1で終了。小川と堂安と得点で、日本が逆転勝利を収めた。

 次節は24日、日本はU−20ウルグアイ代表と、南アフリカはU−20イタリア代表と対戦する。

【スコア】
U−20日本代表 2−1 U−20南アフリカ代表

【得点者】
0−1 7分 グランド・マージマン(南アフリカ)
1−1 48分 小川航基(日本)
2−1 72分 堂安律(日本)



関連記事(外部サイト)