浅野所属のシュトゥットガルトがブンデス2部優勝! 1年での1部復帰果たす

浅野所属のシュトゥットガルトがブンデス2部優勝! 1年での1部復帰果たす

ゴールを喜ぶシュトゥットガルトの選手たち。2部優勝を果たし、1年での1部復帰を決めた [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ2部最終節が21日に行われ、日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトとヴュルツブルガー・キッカーズが対戦した。浅野は3試合連続のベンチスタートとなった。

 引き分け以上で1部昇格が決まり、勝利を収めれば勝ち点で並ぶハノーファーに得失点差「4」を逆転されない限り優勝が決まるシュトゥットガルト。一方のヴュルツブルガーは引き分け以下なら3部降格となってしまう。

 先制したのはシュトゥットガルト。32分、カウンターの流れから、マティアス・ツィンマーマンが右足のミドルシュートをゴール左に突き刺した。前半はシュトゥットガルトの1点リードで折り返す。

 後半に入り59分、シュトゥットガルトはカウンターからGKと二対一の局面を作ると、ドリブルで運んだダニエル・ギンチェクのラストパスをシモン・テローデが押し込み、リードが2点に広がった。

 シュトゥットガルトは78分に1点を返されたものの、80分には再びギンチェクのパスからテローデが決めてスコアを3−1とする。さらに89分にはギンチェクがミドルシュートを叩き込んでダメを押し、このまま4−1でタイムアップを迎えた。なお、ベンチ入りした浅野に出番は訪れなかった。

 これで勝ち点を69に伸ばしたシュトゥットガルトは、この日の試合で引き分けに終わったハノーファーを抑え、ブンデスリーガ2部優勝を達成。1年での1部復帰を果たした。

【スコア】
シュトゥットガルト 4−1 ヴュルツブルガー・キッカーズ

【得点者】
1−0 32分 マティアス・ツィンマーマン(シュトゥットガルト)
2−0 59分 シモン・テローデ(シュトゥットガルト)
2−1 78分 トビアス・シュロック(ヴュルツブルガー)
3−1 80分 シモン・テローデ(シュトゥットガルト)
4−1 89分 ダニエル・ギンチェク(シュトゥットガルト)

関連記事(外部サイト)