同点ゴールのエース小川航基、得点シーンは「飛び込めて良かったです」

同点ゴールのエース小川航基、得点シーンは「飛び込めて良かったです」

南アフリカ戦に出場した小川航基 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第1節が21日に行われ、U−20日本代表はU−20南アフリカ代表を2−1で下し、白星スタートを切った。

 日本は前半立ち上がりに失点を喫したものの、後半開始早々の48分に岩崎悠人のクロスを小川航基が押し込み、同点に追いつく。さらに72分には久保建英の折り返しを堂安律が冷静に流し込み、逆転に成功。その後の反撃を凌ぎ、大事な初戦で勝利を収めた。

 同点ゴールを挙げた小川は試合後のインタビューで、「悠人が突破力あってクロス上げてくれるのは分かっていて、必ず1人ニアでつぶれるというチームとしての共通意識があったので、ニアに飛び込めて良かったです」と得点シーンを振り返り、イメージ通りの形だったことを明かした。

 そして「この勝利は大きいですけど、今から切り替えて次の試合に向かわなければいけないと思います」と次の試合への意気込みを語った。

 白星スタートを切った日本は24日にU−20ウルグアイ代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)