重要な初戦を制したU−20日本代表、内山監督「この勢いを続けていけるように」

重要な初戦を制したU−20日本代表、内山監督「この勢いを続けていけるように」

チームを率いる内山篤監督 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第1節が21日に行われ、U−20日本代表とU−20南アフリカ代表が対戦した。

 試合は7分に失点を喫するが、後半に入り48分に小川航基(ジュビロ磐田)が同点弾を挙げる。59分にはチーム最年少15歳の久保建英(FC東京U−18)がピッチに立つ。そして迎えた72分、久保のアシストから堂安律(ガンバ大阪)が決勝点を叩き込む。試合は2−1で日本が逆転で南アフリカを下した。

 試合後、チームを率いる内山篤監督がインタビューに応じている。

「立ち上がりは相手のフィジカル、球際の部分、仕掛けに戸惑って失点したんですけど、よく落ち着いて必ず後半に入ったら返せるという感じではいたので。本当に選手はよくやってくれたと思います」と試合を総括し、選手を称賛した。

 次戦は24日にU−20ウルグアイ代表と対戦する。「どうしても初戦という緊張もあったと思うんですけど、こういった結果になって、この勢いを続けていけるように頑張りたいと思います」と次戦に向けて抱負を語った。

関連記事(外部サイト)