本拠地最終戦で1年3カ月ぶり弾、今季で契約満了の本田圭佑「一言。ありがとうとミランのファンに」

ミラン本田圭佑がFKを決めて今季初得点「ありがとうとミランのファンに言っておいて」

記事まとめ

  • ミラン本田圭佑がボローニャ戦でFKを直接左足で蹴りこみ、今季初となる得点を決めた
  • 本田は試合後に「ありがとうっていうふうにミランのファンに言っておいて」とコメント
  • 本田圭佑は今季でミランとの契約満了となり、退団が濃厚とみられている

本拠地最終戦で1年3カ月ぶり弾、今季で契約満了の本田圭佑「一言。ありがとうとミランのファンに」

本拠地最終戦で1年3カ月ぶり弾、今季で契約満了の本田圭佑「一言。ありがとうとミランのファンに」

本拠地での今季最終戦を勝利で飾り、ファンと喜びを分かち合う本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第37節が21日に開催され、日本代表MF本田圭佑の所属するミランとボローニャが対戦。ミランは3−0で勝利し、今シーズンの順位が6位で確定。来シーズンのヨーロッパリーグ予選3回戦からの出場権を獲得した。

 本田は58分からカルロス・バッカに代わって出場。1点リードで迎えた73分にゴール正面で得たFKを直接左足で蹴りこみ、2016年2月14日のジェノア戦以来となる約1年3カ月ぶりの今シーズン初得点を決めた。

 試合後、本田はミックスゾーンで「一言だけいいですか」と前置きをすると、「ありがとうっていうふうにミランのファンに言っておいてください」と簡潔にコメント。今シーズン限りでミランとの契約が切れる本田は退団が濃厚とみられており、本拠地サン・シーロでの今シーズン最終戦でサポーターへの“お別れ”の伝える得点となったかもしれない。

関連記事(外部サイト)