「勝負したい」ボランチで先発出場の板倉滉…攻守に奮闘も「まだまだ隙が…」

「勝負したい」ボランチで先発出場の板倉滉…攻守に奮闘も「まだまだ隙が…」

ボランチで先発した板倉滉 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第1節が21日に行われ、U−20日本代表とU−20南アフリカ代表が対戦した。

 日本は開始早々の7分に失点を喫するが、後半に立ち上がり48分に小川航基(ジュビロ磐田)が同点弾を挙げる。59分、内山篤監督はチーム最年少15歳の久保建英(FC東京U−18)をピッチへ送り出す。そして迎えた72分、久保の折り返しから堂安律(ガンバ大阪)が左足で決勝点を叩き込み、2−1で日本が逆転で南アフリカを下した。

 試合後、板倉滉(川崎フロンターレ)がインタビューに応じている。

 坂井大将(大分トリニータ)とともにボランチのポジションで先発した板倉は「チームでも結構ボランチをやっていることが多いので、そこで勝負したいなという気持ちもあります」と明かした一方、「センターバックで使ってもらっても、ボランチで使ってもらっても、自分の高さだったり、足下のところというのは出せると思うので、そこはしっかりやりたいなと思って入りました」と試合前の心境を語った。

 開始7分に失点を浴びたが「チーム内皆で声を掛け合っていましたし、全然慌てる必要ないと。『もう一回やるぞ』というふうに声を掛けていたので、そんなに慌てることはなかった」そうだ。「その後は、結構相手が引いてくれたので、自分たちのペースも掴むことができましたし、そういった意味で良かったかなと思います」と振り返った。

 また、久々のフル出場となった自身のプレーについては「まだまだ隙があったり、ミスしているところがあったので、全部自分が真ん中でつぶせるくらいの存在感や迫力を持てる選手になりたいなと思います」と納得していない様子。「アジア最終予選は全然試合に出れなかったので、そこでやっぱり出たいと強く思っていました。ただ、今回来れていないメンバーもいる中では、やっぱりその人たちの分まで頑張らないといけないなと思うので、本当に次に切り替えてまた頑張りたいなと思います」と次戦に向けて意気込んだ。

関連記事(外部サイト)