逆転弾の堂安律「勝ち切れたのは大きい」…次節へ「気負わず臨める」

逆転弾の堂安律「勝ち切れたのは大きい」…次節へ「気負わず臨める」

逆転ゴールを決めた堂安律(中央) [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第1節が21日に行われ、U−20日本代表とU−20南アフリカ代表が対戦。日本が2−1と逆転勝利を収め、白星スタートを果たした。

 72分、日本の逆転ゴールを決めたのは堂安律(ガンバ大阪)だった。久保建英(FC東京U−18)からの折り返しを受けて左足でゴールネットを揺らし、勝利の立役者となった。

 試合後、インタビューに応じた堂安は「気負わず次に臨めると思います」と、大会初戦で得点を挙げた意味を語った。

 堂安は0−1とビハインドで迎えたハーフタイムに「全然慌てることはなかったですね。前半は(攻撃)が“中、中”になっていました。サイドからのクロスで(小川)航基が外した場面とかもありましたし、ああいうのはチャンスになるという話はできた。いろいろなパターンでやっていこうという話はしました」と、攻撃のバリエーションを増やすように話をしていたことを明かした。

 日本は1−1と同点に追い付き、72分に堂安が逆転ゴール。アシストをした久保について堂安は「得点シーンでは切り崩せたと思いますし、自分が絡んでいない時もいいスルーパスを出していた。さすがだなと思いながら観ていました」と能力の高さを称えた。

 大会初戦で得点を挙げ、「楽になれたか」と問われると「だいぶ楽ですね」と笑いつつ、「気負わず次に臨めると思います」とコメント。初戦を制した意味について「大きいですね。苦しかったですけど、勝ち切れたのは大きい。次にいい形で臨めるんじゃないかなと思います」と話し、第2節のウルグアイ戦を見据えて「“初戦で勝てた”という気持ちがありますし、もう緊張もほぐれていると思うので、逆に食ってやろうという気持ちですね」と、勝利への意欲を示していた。

関連記事(外部サイト)