ブラジルとの親善試合に臨むアルゼンチン代表メンバー発表…イカルディが約3年半ぶり復帰

ブラジルとの親善試合に臨むアルゼンチン代表メンバー発表…イカルディが約3年半ぶり復帰

3年半ぶりに代表復帰を果たしたイカルディ [写真]=Getty Images

 AFA(アルゼンチンサッカー協会)は23日、ブラジル、シンガポールとの親善試合に向けたアルゼンチン代表メンバーを発表した。

 今シーズンここまでのセリエAで24得点を挙げている、インテルFWマウロ・イカルディが約3年半ぶりに代表復帰を果たした。同選手は2013年10月のウルグアイ戦で代表デビューを果たしたが、その後招集されていなかった。その他、今シーズンのリーガ・エスパニョーラで得点王に輝いたバルセロナのFWリオネル・メッシや、セリエA6連覇を達成したユヴェントスのFWゴンサロ・イグアイン、FWパウロ・ディバラが順当に選出され、超強力な攻撃陣が揃っている。

 また、アタランタのMFアレハンドロ・ゴメスは29歳にして代表初招集。同選手はアルゼンチン代表からなかなか声がかからなかったため、イタリア代表入りを目指し、イタリアの市民権を獲得していた経緯がある。結局、FIFA(国際サッカー連盟)からの許可が下りず、イタリア代表として出場はならなかったが、今回長年の夢が叶い母国の代表に選ばれた。

 4月にエドガルド・バウサ前監督が解任され、以降監督不在となっているアルゼンチン代表。現在セビージャを率いているホルヘ・サンパオリ監督が新監督に就任するとの見方が強まっているが、現時点でいまだ正式な発表はされていない。今回の招集メンバーもセビージャから2選手が選出されるなど、サンパオリ監督の意向を反映したものではないか、との報道もあったが、同監督は「憶測にすぎない」と否定している。

 因縁のライバル、ブラジルとの一戦は6月9日にオーストラリアで開催され、シンガポールとは13日にアウェイで対戦する。

 招集されたアルゼンチン代表メンバーは以下の通り。

▼GK
ナウエル・グスマン(ティグレス/メキシコ)
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U/イングランド)
ヘロニモ・ルジ(レアル・ソシエダ/スペイン)

▼DF
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ/スペイン)
エマヌエル・マンマナ(リヨン/フランス)
ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C/イングランド)
ニコラス・タグリアフィコ(インディペンディエンテ)
ホセ・ルイス・ゴメス(ラヌース)
ホナタン・マイダナ(リーベル・プレート)
ハビエル・ピノラ(ロサリオ・セントラル)

▼MF
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル)
ルーカス・ビリア(ラツィオ/イタリア)
エベル・バネガ(インテル/イタリア)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド)
レアンドロ・パレデス(ローマ/イタリア)
グイド・ロドリゲス(クラブ・ティフアナ/メキシコ)
マルコス・アクーニャ(ラシン・クラブ)
イグナシオ・フェルナンデス(リーベル・プレート)

▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/イタリア)
ホアキン・コレア(セビージャ/スペイン)
アレハンドロ・ゴメス(アタランタ/イタリア)
マウロ・イカルディ(インテル/イタリア)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス/イタリア)
ルーカス・アラリオ(リーベル・プレート)

関連記事(外部サイト)