20位レノファ山口、上野展裕監督の退任発表…監督代行は猿澤真治氏

20位レノファ山口、上野展裕監督の退任発表…監督代行は猿澤真治氏

退任が発表された上野展裕監督 [写真]=Getty Images for DAZN

 レノファ山口は23日、上野展裕監督が退任することを発表した。

 上野監督はツエーゲン金沢の監督、アルビレックス新潟U−18監督、アルビレックス新潟ヘッドコーチを経て、2014年から山口を指揮。今季の明治安田生命J2リーグでは第15節を終えて、2勝4分9敗で20位に沈んでいた。

 同監督はチームの公式HPで「この度退任致します。新加入の若い選手達が伸びてきて、さあこれからという時だっただけに残念でなりません。皆さん、3年半ありがとうございました」とコメントを発表。

 代表取締役社長の河村孝氏は、決断に至った背景を説明している。

「レノファ山口FCをいつも応援いただきありがとうございます。心より御礼を申し上げます。この度、上野展裕監督の退任を決断いたしました。上野監督は、2014年の就任後、2014年にはJFLからJ3へ、そして2015年にはJ3からJ2へと導いていただきました。そして2016年にはJ2初年度ながら12位と健闘できました。今のレノファ山口は、上野監督なくしてはありえないものであったと、本当に心から感謝しております」。

「しかしながら、今季の成績、また失点シーンなどの戦い方から判断し、苦渋の決断ではありますが、このタイミングでの退任という結論を出しました。今季の試合はまだ多く残っておりますので、チームは1つでも多くの勝利を、そして1つでも上の順位を目指し戦ってまいる所存です。今後もご声援とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます」。

 なお、24日のトレーニングからは、アカデミーダイレクターの猿澤真治氏が監督代行として暫定的に指揮をとる。山口は次節、ホームでFC町田ゼルビアと対戦する。

関連記事(外部サイト)