ラスベガス・シティに加入の田島翔「日本人としての誇りと責任を持って」

ラスベガス・シティに加入の田島翔「日本人としての誇りと責任を持って」

ラスベガス・シティで10番を背負う田島翔

 FC琉球やロアッソ熊本に在籍経験を持つ田島翔がラスベガス・シティFCに入団した。田島の入団に合わせ、日本企業の観光ツアー会社のネバダ観光サービスがチームスポンサーに決定。ユニフォームの背中にロゴが入る事も決定した。

 ラスベガス・シティFCは、5年でのメジャーリーグサッカー(MLS)参入を目指して2016年に設立。現在はアメリカ独立リーグUPSL(米5部リーグに相当)に所属している。

 田島は3月末に渡米。4月1日の開幕戦に途中出場すると移籍初ゴールを決めてチームを4−3の勝利に導いた。

 現地5月22日に行われた入団会見で田島は「日本人としての誇りと責任を持ち、試合で活躍できるように頑張ります。大都市であるラスベガスの様々な可能性を追求し、サッカーを通じて盛り上げていきたい」と力強く語った。

関連記事(外部サイト)