U20代表がウルグアイ戦へ調整、内山監督「前評判をくつがえさないと」

U20代表がウルグアイ戦へ調整、内山監督「前評判をくつがえさないと」

水原市内で約1時間のトレーニングを行った

 U−20日本代表は23日、FIFA U−20ワールドカップ韓国2017のグループステージ第2節・ウルグアイ戦に向けて最終調整を行った。

 初戦で逆転勝利を収め、好スタートを切った日本。約1時間の練習では、主に守備の連係を確認した。

 南アフリカ戦で先発した板倉滉(川崎フロンターレ)は、左ふくらはぎの軽い肉離れで別メニュー調整となり、欠場が濃厚だ。また実戦形式のミニゲームでは、ボランチにMF原輝綺(アルビレックス新潟)とMF市丸瑞希(ガンバ大阪)を配置。初戦で出場機会がなかった藤谷壮(ヴィッセル神戸)が右サイドバックに入り、それぞれ先発の可能性が高い。

 藤谷は「1試合目に出られなくて悔しかったけど、チャンスが来た時のためにしっかりと準備をしておこうと思っていた。体の調子も悪くないし、あとはやるだけ」と闘志を燃やした。

 南米王者のウルグアイを相手に、内山篤監督は「積極的な守備」がポイントになると語る。

「攻撃に出るために、守備で我慢をしなければいけない。彼らの攻撃がすべて成功することはない。必ずミスが起きるので、そういったところをいかに攻撃に結びつけてフィニッシュまでいけるか。それが1つの大きなポイントになってくる」

 指揮官は「結果をモノにすることにこだわって、前評判をくつがえさないと」と、強敵撃破に意気込みを示した。

関連記事(外部サイト)