レアル、ブラジルの16歳新星を獲得! 来夏の移籍で合意と発表

レアル・マドリードが、16歳のU−17ブラジル代表MFヴィニシウス・ジュニオールを獲得

記事まとめ

  • レアル・マドリードが、U−17ブラジル代表MFヴィニシウス・ジュニオール(16歳)を獲得
  • レアルはジュニオールをテクニック、スピード、高い得点能力などを兼備えた選手と語る
  • レアルに7月からの移籍で合意も、両クラブが同意すれば、より早くレアルに移るという

レアル、ブラジルの16歳新星を獲得! 来夏の移籍で合意と発表

レアル、ブラジルの16歳新星を獲得! 来夏の移籍で合意と発表

レアル移籍合意が発表されたヴィニシウス・ジュニオール [写真]=LatinContent/Getty Images

 レアル・マドリードは23日、フラメンゴに所属するU−17ブラジル代表MFヴィニシウス・ジュニオールについて、2018年7月からの移籍加入で合意に達したと発表した。

 ヴィニシウス・ジュニオールは2000年生まれの16歳。すでにフラメンゴとプロ契約を結び、今月13日にデビューを果たした。レアル・マドリードは同選手について「U−17ブラジル代表として参加し、優勝を成し遂げたU−17南米選手権でスターになった。その若さにもかかわらず、すでにフラメンゴのトップチームの一員となり、ブラジルリーグデビューも果たしている」と紹介。プレースタイルについては「テクニック、スピード、突破力と高い得点能力を兼ね備えている」と伝えている。

 今回の発表によると、レアル・マドリードとフラメンゴは2018年7月からの移籍で合意に達したという。ヴィニシウス・ジュニオールは2019年7月までフラメンゴでプレーする予定。ただ、両クラブが同意した場合は、より早いタイミングでプレーの場をレアル・マドリードに移すこととなる。

 ブラジルメディアから「宝石」や「新たなネイマール」などと称されて期待を寄せられ、ヨーロッパ各国のビッグクラブが熱視線を送っていたヴィニシウス・ジュニオール。5年ぶりにリーガ・エスパニョーラ制覇を果たし、史上初のチャンピオンズリーグ連覇に王手をかけているレアル・マドリードが、新たな逸材の獲得に成功した。

関連記事(外部サイト)