30歳ジルー、アーセナル残留を強調…プレミア制覇への思いを語る

30歳ジルー、アーセナル残留を強調…プレミア制覇への思いを語る

アーセナルとの契約を2年残しているジルー [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、クラブへの忠誠と残留を強調した。イギリス紙『デイリーメール』が23日に報じている。

 ジルーは今夏の移籍市場でアーセナルを去る可能性を取り沙汰されているが、本人は同クラブでのプレーを続ける意向を持っているようだ。今年1月に2年半の契約を締結したジルーはフランスメディア『football.fr』に対して「確定事項はないけど、自分はアーセナルで快適にプレーしている。契約を2年延長したのだから、将来がどのようになるかはわかるだろう」とコメント。以下のように続けた。

「プレミアリーグはますます注目度が高まる中で争われている大会だ。5、6チームが優勝するポテンシャルを持っているね。だからこそ、このタイトルを獲得したいと思い続けているんだよ」

 2012年6月にアーセナルへ加入し、昨年9月で30歳を迎えたジルー。アーセナルでは公式戦226試合出場98ゴールと実績を残しているが、今シーズンはプレミアリーグでの先発出場が11試合にとどまった(途中出場は19試合、計12ゴール)。

 コンスタントに先発出場の機会を得ているとは言い難いものの、アーセナルでのプレー続行を強調したジルー。来シーズンは定位置を奪い返すことができるだろうか。

関連記事(外部サイト)