U−20日本代表の内山監督、善戦も完封負けに「ミスを徹底的にものにしてくる部分が差」

U−20日本代表の内山監督、善戦も完封負けに「ミスを徹底的にものにしてくる部分が差」

U−20日本代表を率いる内山監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第2節が24日に行われ、U−20日本代表とU−20ウルグアイ代表が対戦した。

 38分に失点を喫し、前半を1点のビハインドで折り返した日本。途中出場の久保建英(FC東京U−18)を中心にチャンスを量産したものの、得点を決めきれず。後半アディショナルタイムには追加点を奪われ、0−2で敗戦した。

 試合後、日本を率いる内山篤監督がインタビューに応えている。

 敗戦について「残念な結果でした。立ち上がりは南アフリカ戦から修正して入り方は悪くなかったと思います。失点から少し停滞してしまったんですけど、後半は頭からボールを動かすことで非常にテンポ良くサイドを起点にできていました。ただ、ミスを徹底的にものにしてくるという部分で差があった」と振り返り、「でも、次に向けてまた頑張りたいと思います」と早くも照準を次節に向けた。

「我々の生命線というのはボールを動かして相手を動かしてチャンスメイクしていくというところ。ただ、最後の決定力は課題。あまり日にちはないですけど、高い集中力でやっていきたいなと思います」と決定力を修正点に挙げた。

関連記事(外部サイト)